オークファンモバイル・ネットオークション落札相場、統計検索
オークションノウハウ
1. オークションを楽しんでみましょう
1.6 手作りしたものが売れる
手編みのセーターや編みぐるみを、路上で販売している人って見たことがありますか?貴金属を繁華街の路上で販売している人はよく見かけますが、手芸用品を同じように売っている人っていません。

手芸って、けっこう材料にお金かかります。編み物でも洋裁でも、値段が高い毛糸や生地のほうが肌触りもいいですよね。編み物の場合は複数の色を使って何かを作ろうと思ったら、色の数の分だけ毛糸を買わなければいけません。作りたいものが一杯あるといくらでも材料が欲しくなってしまいます。

手芸が趣味なら、趣味と言うぐらいですから当然作ることそれ自体を楽しめます。作れば作るほど腕も上達するので、目に見えて作品の完成度が上がってきます。そうなるとますます夢中になって・・・・

気がつくと身の回りは自分の手作りのものでいっぱい、という事態になってしまっている人も少なくないはず。人にあげて喜ばれているという人もいますが、さすがに一人の人に何十個もあげるわけにはいきません。

実はこうしたものこそ、ネットオークションの商品に最適です。オークションで商品が売れれば、その売り上げをまた材料費に使うことが出来ます。更に、元々作ることが楽しくて沢山作ってしまう人なら、商品がなくなって閉店・・・という心配もない。

更に一度に多くの商品を出品できるので、それだけオークションで稼げます。オークションで手作りの作品が競り落とされたということは、見ず知らずの人がお金を支払ってまでも、あなたの作品を手に入れたがったという証明です。自分の作った作品に、どれぐらいの値打ちがあるのか分かるのです。

手作り品の売れるものがいくつか出てくると、作る作品も次第に売ることを意識したものに変わってきます。「次はどれを作ろうかな」という今までの考えに加え、「どんなのを作ったら人気が出るかな」と考え始めるようになります。より高い値で売れるようにと考えを巡らすことは、より高い価値が自分の作品につくようにというあなたの願いそのもの。

売れればまたそのことが励みになりますし、売れたお金で更に沢山作品を生み出すことができます。売り続けていくうちに、手芸に回しても余るほどの収入が得られるようになる日がくるでしょう。あなたの新しい作品を、心待ちにする人も出てきます。

ここまで手芸に関して書いてきましたが、実はネットオークションで売られている手作りの商品は、手芸の作品だけじゃありません。よく出品されているのが、ビーズアクセサリー。色の組み合わせが自由で見た目が美しいし、完成写真を撮影した写真を並べると見栄えもします。アクセサリーとしては安価なものなので、こうした小物は定番人気。これなら、作り方も編み物より簡単ですね!

自分の技術でがっちり稼ぐために、なんと市販のフィギュアを自分で改造してしまって、マニア向けの商品として売っている人もいます。絶対にどこにも売っていない商品なので、市価の数十倍の値段がつくこともあります。高い技術が要求されるジャンルですが、挑戦してみる価値はあります。

売れる作品ができあがれば、自分の技術で大儲けすることができます。今まで趣味で作っていた沢山の作品は、ネットオークションに出品することで、値段がついて誰かに買ってもらうことができる。自分の作ったものが見知らぬ人に評価されるという喜びを、是非ネットオークションで味わってみましょう。


■トップページへ
■友達に教える
■利用規約
■お問い合わせ