オークファンモバイル・ネットオークション落札相場、統計検索
オークションノウハウ
2. オークションで商品を買ってみましょう
2.3 商品を比べるポイント
買おうと思ったブランド物のバッグと同じものが、何人もの人から出品されていた場合はどうしますか?商品名だけでは入札する商品を絞れない場合、困りますよね・・・。

そんなときに使うのが、商品の紹介ページです。ここは出品者が出品した商品の詳細を書く場所で、書き込み方やデザインの仕方もかなり出品者の自由です。

入札件数が少ない商品は、一見すると価格が安いように見えます。それに惹かれてあっさり入札してしまうかも・・・でもちょっと待って!入札件数が少ないってことは、より多くの人から信頼をもらえているということではないかもしれません。

価格の安いほうのバッグは商品紹介ページを見ると、価格が上がっているバッグと比べて、買う側の条件が不利なことがあります。同じ条件でも、たくさんの人と取引している出品者の方が高額なことがあります。信頼があるからなんです。

とくに、商品の状態について書いているなら、損する買い物をしないように気をつけて見てください。素材・大きさなど、重要なことを書いてあるかどうかでも確認しましょう。もし大事なことが書いてなかったら要注意。

記載が少ない場合、写真を頼りに判断するしかありません。しかし、商品の状態を写真で正確に見極めるのはとっても大変。傷の有無を気にかけながらの入札よりも、写真付きで明確に説明している人のところの方が安心です。

入金確認をしてから発送までの期間も、大事な判断基準のひとつです。買ったらすぐほしくなるのが買った人の気持ちですよね。発送期間が短いなら、安心です。

また、発送期間を短く設定している出品者は、何につけても適切で、迅速な対応が望めるはずです。丁寧な対応をしてくれる出品者を探し出して、トラブルなしで取引を成立させましょう!


■トップページへ
■友達に教える
■利用規約
■お問い合わせ