オークファンモバイル・ネットオークション落札相場、統計検索
オークションノウハウ
3. 出品してみましょう
3.4 高く売るための写真の撮り方
オークションの商品紹介ページに、なぜ写真が要るのでしょうか。それは、写真を掲載することで、ネットオークションで買い物をするときのデメリットが補えるからです。

オークションのデメリットとは、実際に手にとって商品が確認できないということです。商品の写真というのは「この商品は確かに存在しますよ」という証明でもあります。もちろん、他にも写真を掲載するメリットはあります。

あなたが買い手としてオークションに入札する時、写真を見ていろいろ知ったはずです。商品の色・状態・材質などは、写真を通じて分かりました。写真を見て買うことを決めたかもしれませんし、商品説明と一緒に写真を見ることでより商品の内容を確認して、買う事にしたかもしれません。

言葉では伝わりにくいことも、写真を見せることでより正確に理解してもらえます。文章では絶対に伝えられないことも、写真を見せることで伝えることができます。

そのひとつが、実際に自分がそれを使っているイメージです。落札した後に商品を使うつもりで、入札者は入札をします。その時、「こんな具合に使えますよ」という感じで、使っているときの写真をつけておくとイメージが伝わります。そんな具合に写真は工夫して撮りましょう。

それでは、商品紹介ページに掲載する写真の話をしましょう。

ヤフーオークションの場合、商品紹介ページには三枚まで写真を掲載することができます。まずは、商品の全体像が分かるように撮りましょう。

取り付けや組み立てが必要な商品の場合は、必ず組み立てた後の写真を一枚目の写真として撮ります。全体が分からないと、入札者が不安になってしまいます。たったこれだけで、入札数に大きな違いが出ます。

もし出品する商品が中古で目立つ傷がある場合は、その傷のアップも写真に撮って掲載してしまいます。後々トラブルを避ける意味でも、欠陥は最初から明らかにしてしまうのがベスト。良心的という印象がつくので、入札数が増えます。


■トップページへ
■友達に教える
■利用規約
■お問い合わせ