オークファンモバイル・ネットオークション落札相場、統計検索
トラブルシューティング
1. オークションの注意点/入札編
1.3 ノークレーム・ノーリターン
商品説明の部分に、「ノークレーム・ノーリターン」と記載がある場合があります。オークションで扱う商品の多くは、中古品です。当然、新品同様ではない商品が多くあります。出品する側からしたら、落札されて梱包し送ったのに、「こんな状態だと思いませんでした」と文句を言われたら困ります。

そのため、「ノークレーム・ノーリターン」と記載して、「文句を言わない人だけ買ってください」と宣言しているのです。

もし、あなたが入札しようとしている商品が、このノークレーム・ノーリターンと記載があった場合は、あなたが思っていた状態と送られてきた商品が違っていても、返品を受けてもらえない可能性が高くなります。

ただしオークションのルールでは、ノークレーム・ノーリターンというのは、「どんな時でも返品を受け付けません」という意味ではありません。商品説明の部分に書かれている問題に関しては、了承の上で入札したとみなして、「返品を受け付けないでいい」という記載です。

つまり、入札時点で分からない部分、写真に写っていない箇所の傷等については、ノークレーム・ノーリターンでも返品を申し出る事ができます。あくまでも出品者との交渉になります。出品者が返品を受け付けないからと言って、オークション運営者に訴えても多くの場合は、「当事者同士で解決してください」と言われてしまいます。

ただし、配送時の破損や商品説明に記載してある商品と、送られてきた商品に違いがある場合は、ノークレーム・ノーリターンの記載は無効になります。しっかりと、返品・交換等の交渉をしましょう。もし、ノークレーム・ノーリターンの記載をたてに、出品者が返品を拒否する場合はその記載が無効な事を説明して、返品交渉をしましょう。

どちらにしろ、ノークレーム・ノーリターンと書いてある商品については返品できないので、入札する側がどんなリスクがあるのが判断する必要があります。判断できる自信がない場合は、入札を控えることをお勧めします。


■トップページへ
■友達に教える
■利用規約
■お問い合わせ